舐めてる日々

ここは墜落した劣等生が駄文を垂れ流す便所です。

ブログ方針

更新頻度を高めていこうと思う。
ただネタがないので日記みたいなことを書く。
筆不精な自分を治すための処方箋になれば。


先日ひどいものを書いた。

s-myaa.hatenablog.com

見るたび自己嫌悪に陥る。
何がって文章の稚拙さや自分の物事の考察の浅さ
そしてそれを公開すると言う行為そのものに。
深夜テンションで書き上げたのをそのまま
垂れ流してしまったのだ。
近い将来黒歴史になるな。


けども大学中退予定の学のない僕にふさわしい
出来の文章なのではないか、現状を受け入れることにします。

今回は僕の当ブログ開設のいきさつ、方針についてつらつらと。
けっこう長いです。

筆者について~墜落の経緯~

 


最初のエントリに書いたが僕は今大学生で
今年度で中退する。最終学歴は高等専門学校卒。
中退するのは留年が確定したからである。
バイトに明け暮れたり遊びにはまったりとかではない。
朝起きれない→大学休校を何度も繰り返し

不登校になったクズofクズである。
体内時計が狂っていた当時のぼくは朝寝て夕方起きる生活だった。

大学に行かない僕はサークルの部室、バイト先、アパートの
3箇所を縄張りにして生きていた。

サークルのみんなは大学に行かず
部室でだらだらしてる僕のことを気にはしてるだろうが、
ほどよくスルーしてくれていた。

優しいサークルの人達は
大学ちゃんといけてますか?
「レポート(必修)出せた?」などとは僕に問わない。

生きてますか?」と非常にシンプルで深刻な問いを与えてくれる。

僕の顔が死んでいたからだ。 
生活リズムの乱れ(朝寝夕起)、荒れた食生活(1日1食)、

すさんだ精神から創りだされし顔面には死神が宿っていました。

僕はどうかしていた。

僕は数々の愚行を重ねていた。


ある時期の僕は
大学に行かず、向かった先はボイトレのレッスン。
毎晩自宅でスマホのボイスメモに音程のくるった声量のないクソ歌
(アパートなので配慮した)を録音していた。

カラオケにいけばいいじゃんと思うがカラオケが嫌いだ。

誘われても断るし、ヒトカラに興じるバイタリティもない。
なんでボイトレ通ってたんでしょうね。
音痴というコンプレックスを克服し、
カラオケを楽しめるようになりたかったのだ。


結局ぜんぜんうまくなってないし、
ミックスボイス、リップトリル、裏声などなど
それらしいワードを覚えてウンチクたれて
イキがるエアプ勢になった。
ただただ痛いしとにかくちゃんと大学通えよと今しみじみ思う。


スマホのボイスメモを開いたが
データ欄には大量のクソ録音音源がある。
大学にいかず大量の黒歴史を積み上げていたのである。
作業BGMとして聴いたが耐えれなかった。
なんかもう精神が崩壊しそうになる。 ぼくはデータを消去した。

上記は数々の愚行の一部だ。

そして今年度の後期始まりに2回目の留年をキメて中退する流れとなった。
さらっと一回目の留年を流せるくらいに空虚な日々を送っていた。

退学届けは来月出す予定だ。学生割引がもう使えなくなる。
僕は大学に編入して2年間果たして何か得るものはあったのか、
あったらよいのにな。

三井さんのように
なぜオレはあんなムダな時間を・・・」と苦悩したいが
俺のこの2年ただのネタやなと思う次第です。

そんなクズは就活をしはじめた。
まあいろいろあって、とある中小会社の最終面接を断り、
公務員を志向するようになりました。

なぜその会社の最終面接を断ったか、会社の黒さがにじんでいたからた。
最終面接までの流れは、ざっとこんな感じ。

説明会当日に人事担当とマンツーマンで1時間面談→来週社長と最終面接

すごいスピーディですね。追加募集枠で応募したんですが、
大学中退予定のクソぷーに対してここまで迅速なのが怖かったので 
役員の名前をググったり、会社員という設定で登録した転職サイトで
評判を見た。あきらめました。

今思えば僕は設計業務向いてないしあわんかっただろうなぁ。
高専の卒研で設計するとこだいたいネットでひろってたしね。
 
就活の面接は希望職務のマッチングの場であるということを意識し、
公務員を視野に入れて来年度の就活の準備をしていこうと思った、
思っただけなので現状は、、、


ブログの方針


開設直後は公務員を独学で目指す自分の
日々の努力や独学での試験勉強の
実践、ノウハウ、成果を書く予定でした。
けど開設して3ヶ月なんもしてないんです。

このままではまずいので
思ったことをだらだらと垂れ流してみることにしよう、
そんないきさつでひりだしたのが先日の
コンテンツ=ウンコ論です。

稚拙でも文章を書くことで、自分の思考を整理したり
感性を洗礼させられると僕は信じたい。

このブログはそんな自分が日々思いついたことを
言いたい放題発信できたらいいなと思う。


駄文というウンコをひりだしていくので
「読んでやるぜ!」っていう奇特なハエのお方
あまり期待せず今後もよろしくお願いします。



コンテンツとハエ社会


ブログ開設して3ヶ月ぐらいたつが案の定公務員試験の準備が出来ていない。。

暗殺教室」「魔神探偵脳噛ネウロ」の松井優征先生のように
試験駄目だったら漫画家になろうかな。
それはさておき最近思うことが今回のお題です。

 


コンテンツの生産と消費

音楽、アニメ、漫画、動画サイトなどなどいろんなコンテンツがある。
面白いものにはSNS等シェアされ人があつまり消費されどんどん認知され規模が大きくなる。そして人がいつか離れてオワコン化する。


コンテンツ=ウンコ


コンテンツなんてクリエイターにとって創作意欲と自己承認の排泄物でありとどのつまりウンコだ。消費するぼくらはありがたくウンコにたかるハエ。
クリエイターも自分の生み出すコンテンツのために膨大な量のコンテンツをインプットしてるであろう。クリエイターもウンコを消費するハエである。
コンテンツの生産、消費のサイクルはウンコを延々と食いつなぐサイクルであり
我々は全員等しくハエなのだ。

クリエイターやコンテンツに信者やアンチがつき、SNS、ブログなどで
感想なり批判を垂れ流したり、クリエイターが炎上したりその騒動を2chまとめtogetterとかで記事にされたりホットエントリ入りしたりする現在の状況はウンコと共生するハエの争いであり生活の営みである。

コンテンツ=ウンコ とはコンテンツの生産消費における我々の取り巻く状況を陳腐化させ気が楽になるというライフハックだ。大好きな作品がアンチにけなされ狼狽してる人、大好きなアーティストが炎上して落ち着かない人とかいたら実践してほしい。

終わりに

 


こうして僕はコンテンツの生産、消費について哲学した結果、上記の駄文を生産し夜を明かした。この駄文を世に放つ行為もコンテンツの生産とするならば、僕はめでたくウンコをひりだすハエになるのだ。どうかこんなウンコでもたかってくれるハエが来てくれたなら、僕は嬉しい。


はじめに

特に理由もなく、技術系公務員めざしてます。

経歴は高等専門学校→大学編入→リタイア予定
迷走した学生生活に終止符を打ちたい
今は瞑想中。