舐めてる日々

ここは墜落した劣等生が駄文を垂れ流す便所です。

生活リズム感がクソなのになんで僕はドラムを叩いてるのか

なんというか僕の生活リズム感はクソすぎるというお話です。

僕の生活リズム感は割りと終わってます。
例をひとつ、就寝するタイミングですね。

学生時代の末期は朝寝夕起きという夜勤労働者と思われるような
スタイルをとるかと思えば 日が暮れる前から寝落ちて深夜に起きて
コンビニ目指して街をうろつく徘徊老人スタイルをきめたり多様性のあるスタイルです。 就寝をどのタイミングでどのぐらい取るのか
がまったく安定しないんですよね。 
まあそれによるいろんな障害や怒られは
結構発生しました。

生活リズム感って端的に言ってしまえば
時間通りの行動を行えるかってことになるんですかね。
まあ無理ですよね。

待ち合わせが発生した場合
大抵家を出る時間ぎりぎりまで寝てるかなんかやってるんですよね、そんで遅刻が発生する。
特に理由も無く遅刻をしてるので遅刻の原因というものを述べることが出来ないんです。 僕は魔がさしたと述べてお叱りを受けてました。
最近では公共交通機関をうまく利用できないでいます。

こんな僕ですが困ったことにドラムをやってるんですよね、リズム感が要求されるのは音楽やるうえでは楽器パート問わず必須ですけど、その中で特に楽曲のリズムを担う楽器をやってるの自分でも信じられないくらい笑えてきます。 
バンド練習があったとき大抵遅刻するの僕ですからね。

ただまあ音楽におけるリズム感と生活リズム感ってぜんぜん別物ですよね。
音楽やってる人たいてい生活リズムクソですもんね。
ほかの方面へ銃をむけるなら建築を専攻してる人とか、デザイン、
広告業界、まあブロガーもそうですよね、生活リズムがくそだけど
ライフハックというコンテンツをひりだしてるんですよね。
アナルハックでもされてろと思うんです。僕がMr.ドリラーこと
堀ススムとなって生活リズム感が貧弱な貴方のケツをお借りします。